当サイトについて!

スカルプDといった薬用シャンプーをはじめとする人気の高い育毛・発毛シャンプーを紹介。ネット通販で激安で手に入れよう!

ハゲてる男性

薄毛になったワタシのお話

私は、33歳の男性です。自分が薄毛に悩み始めたのが、28歳の時でした。28歳の時に結婚し、新婚旅行でハワイに出掛けた時のこと、宿泊していたホテルでシャワーを浴びていました。その時に水で濡れた自分の髪を見て、自分の目を疑いました。
「俺ってこんなに髪薄かったっけ?」最初は、髪を切りに行った美容室で髪を空き過ぎたのかなと思いましたが、自分が薄毛になっていっていることを実感した瞬間でした。
それからというもの、なぜ20代でこんな風になってしまったのか、自問自答を繰り返す日々が続きましたが、結局答えは見つからずこの事実を受け止めるしかないと考えるようになりました。
自分の一人で悩みを抱えるのも辛かったので、奥さんに思い切って打ち明けてみました。すると、想像してたよりも驚かれずにあっさり「ハゲたら坊主にすればいいんじゃない?」って笑って答えてくれてとても嬉しかったです。
しかしながら、何もせずにこのままハゲていくのも何なので、今はCMでもやってますが、「サクセス」のシャンプーとリンス、育毛剤を使ってます。
使い始めた頃はそんなに実感はなかったんですが、フケが全く出なくなったことが大きな変化だと思います。元々、乾燥肌で冬になるといつも肩にフケが溜まってしまうタイプだったのですが、サクセスのお蔭で頭皮環境が改善されていると思います。このまま使い続ければ薄毛が治るかどうかは分かりませんが、しばらくこれで様子をみようと考えています。
男性にとって髪の悩みというのは、多くの男性が抱える悩みだと思います。髪があるかないかで見た目も大きく変わりますし、残念ながらハゲている人は社会的に馬鹿にされる傾向にあります。質の高いカツラや効果的な育毛剤が今後開発されることを願いますが、ハゲている人が馬鹿にされないような世の中にも変わってほしいです。

前髪が後退し始めたのでは、と悩む母の気持ち

私の友人で、今高校3年生の男の子を持つお母さんがいるのですが、彼女の目下の悩みは息子の前髪が早くも後退し始めていることなんだそうです。
元々彼女の旦那さん、つまりその息子さんのお父さんが20代の時から髪が薄くなっていて、20代半ばで知り合った頃には既に前髪はM字型になっていたそうです。
でも彼女は特にそのことは気にならず、その後結婚して一人息子であるお子さんが生まれたのですが、自分のご主人の髪の毛の薄さは知り合った当初からちっとも気にならずにそれがマイナスポイントであるとも思わなかったのに、息子さんの前髪が後退気味なのではないか、と思い始めてからそれがものすごく気になってしまって、文字通り食事も手につかないほどなんだそうです。
私は実際に最近の息子さんを見たことはないので何とも言えないのですが、髪の毛は柔らかくてふわふわしてる髪質で量が少ないというわけでは決してないんだけど、そういえば以前に比べて枕についている抜け毛が多くなってきている気がするし、風に吹かれた時に前髪が流れておでこが広く見えるようになった気がする、雨の日などで髪の毛がぬれると頭やおでこに髪の毛が張り付いてものすごく薄く見えるときがある、など本当に深刻そうに言うのです。
どうしようもないことだし、病気とかではないからそんなに私が深刻に考えても仕方ないんだけど、と言いつつ気になって仕方ないようで、頭皮にいいとされる高級シャンプーを買っておいたり食事で少しでも髪の毛にいいとされているものを摂れるようにと気を配っているようです。

ただ、シャンプーを使う前にこちらのサイトを見て学んでおいたほうが良いとは思いますけどね。

前髪が後退してきた!?生え際が薄くなって額が広がる前に読む

M字ハゲになってきた管理人が悩んだ結果の対応が大絶賛の内容ですね。

まさか自分の髪の毛が薄くなるなんてショック!!!!

私は今まで自分の髪が薄くなるなんて思っても見なかったです。根拠もなしに自分は禿げないと思い込んでいました。
といっても、全く理由がないわけではないのですが、私はどちらかというと人よりも剛毛な方で全身に毛が生えているような体質で当然頭の髪の毛もかなりフサフサしていたのです。
ですから、身内にいくら薄毛の人がいようが自分には縁がないと思っていました。ですが、最近になって自分でも分かるほどに前髪が何だかなくなってきたように感じるようになりました。確かに生え際のあたりが以前よりも後退してきたようなのです。そのせいで前髪のボリュームも無くなり、前髪の本数が明らかに減ってきているのが目に見えて分かるようになったのです。
しかし、私はそんな状態でも自分が禿げるという事を認めたくなくて見て見ぬ振りをしてきました。
ですが、そんなある日のことです。妻から決定的な一言を浴びせられました。頭頂部と前髪がなんか薄くなってきたと言ったのです。私はついに自分以外の人間から薄毛を指摘され、もう恥ずかしいとかなんとか言ってられなくなり、急いで病院に行きました。本当は恥ずかしくて薄毛治療なんか受けたくなかったですが背に腹はかえられません。私は勇気を振り絞って診察を受けてきました。そこには、女性の看護士さんもいて本当に恥ずかしい思いでしたが、もう逆に吹っ切れました。
これで治療を受ければこれ以上の前髪の後退を防げれば、すべてよしと思える心境になっていました。
そして、現在も薬を服用中で前髪もだいぶ復活してきたので今は妻の一言に感謝しています。